コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御馬皇子 みまのおうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御馬皇子 みまのおうじ

記・紀にみえる履中天皇皇子
母は葦田宿禰(あしだのすくね)の娘,黒媛。安康天皇3年,兄の市辺押磐(いちのべのおしはの)皇子が皇位をあらそう大泊瀬(おおはつせの)皇子(雄略天皇)に謀殺されたため,大和(奈良県)の三輪身狭(みわの-むさ)のもとへのがれようとしたが,三輪の磐井(いわい)で捕らえられた。処刑されるとき,磐井の水は王だけはのめないと雄略を呪詛(じゅそ)したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

御馬皇子の関連キーワードのろい

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android