復庵宗己(読み)ふくあん そうき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

復庵宗己 ふくあん-そうき

1280-1358 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘安(こうあん)3年生まれ。小田治久猶子延慶(えんきょう)3年元(げん)(中国)にわたり,中峰明本(みんぼん)の法をつぐ。建武(けんむ)2年郷里の常陸(ひたち)(茨城県)に臨済(りんざい)禅の道場正受庵をひらく。のち法雲寺と改称,関東の一大禅林となった。延文3=正平(しょうへい)13年9月26日死去。79歳。著作に「大光禅師語録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android