コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田治久 おだ はるひさ

4件 の用語解説(小田治久の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田治久 おだ-はるひさ

1283-1353* 鎌倉-南北朝時代の武将。
弘安(こうあん)6年1月12日生まれ。元弘(げんこう)の乱では鎌倉幕府軍にしたがう。北条氏滅亡後は南朝に属し,常陸(ひたち)(茨城県)の守護職の奪還をねらう。常陸小田城を拠点に高師冬(こうの-もろふゆ)とたたかうが敗北,以後足利軍に属して南朝とたたかった。文和(ぶんな)元=正平(しょうへい)7年12月11日死去。70歳。常陸出身。初名は高知(たかとも)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小田治久

没年:文和1/正平7.12.11(1353.1.16)
生年:弘安6?(1283)
鎌倉・南北朝時代の武将。常陸国小田(つくば市)の領主。貞宗の子というが,貞宗は建武2(1335)年に53歳で死去したといわれ治久と同年代であるから,その兄弟かもしれない。はじめ高知といったが,北条氏が滅びると後醍醐天皇の知遇を得て治久と改名。足利尊氏が天皇に背くと常陸にあって天皇方の中心として活躍し,足利方の佐竹氏らと戦いを繰り返した。暦応1/延元3(1338)年に北畠親房が常陸に着くとこれを小田城に迎え,足利方の攻撃に耐えたが,暦応4/興国2年ついに抗しきれず降伏。その後は足利方の武将として動き,家名を存続させることに成功した。

(山田邦明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おだはるひさ【小田治久】

1283‐1352(弘安6‐正平7∥文和1)
鎌倉末・南北朝期の武将。貞宗の子。初名は高知。鎌倉末期,相伝の常陸守護職を北条氏に奪われた高知は,幕府滅亡とともに上洛,治久と改名,建武新政府に従った。その後,足利尊氏の任命した常陸守護佐竹氏に対抗,南朝方に立って1338年(延元3∥暦応1)北畠親房を小田城に迎え,高師冬と戦ったが,41年(興国2∥暦応4)師冬に降伏し,武家方になった。のち源氏に改姓する。【網野 善彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小田治久
おだはるひさ
(1283―1352)

鎌倉後期~南北朝時代の武将。貞宗(さだむね)の子で初名は高知(たかとも)。常陸(ひたち)国(茨城県)生まれ。尾張権守(おわりごんのかみ)、宮内権少輔(ごんのしょう)、常陸介(すけ)となる。1327年(嘉暦2)幕府の命を受け陸奥(むつ)安東(あんどう)氏の乱を平定するが、幕府が滅亡すると万里小路藤房(までのこうじふじふさ)を伴って上洛(じょうらく)し、建武政府に従った。36年(延元1・建武3)楠木正家(くすのきまさいえ)の瓜連城(うりづらじょう)を助け、38年(延元3・暦応1)には北畠親房(きたばたけちかふさ)を小田城に迎え、関東の南軍の中心として高師冬(こうのもろふゆ)と戦ったが、41年(興国2・暦応4)降服、以後足利(あしかが)方に属し南軍と戦った。[市村高男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小田治久の言及

【小田氏】より

…中世の常陸国の豪族。下野の豪族宇都宮宗綱の次子八田知家を祖とする。知家は父宗綱の所領の一つである,現在の茨城県下館市八田を本拠とし八田武者所(はつたむしやどころ)と称した。治承・寿永の内乱に際し,知家はいち早く源頼朝に従い,常陸国内の諸勢力を圧して,同国内の軍事指揮権(のちの守護)を与えられた。のち筑波山の南麓,現在のつくば市小田へ本拠を移し,小田氏を名のる。在来の大勢力であった常陸平氏を圧迫して,常陸国の南半分を勢力下においた。…

※「小田治久」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小田治久の関連キーワード小田孝朝小田氏治小田五郎小田島長義鹿島幹重南部政行船田経政松浦定三木宗秀結城朝常

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone