循環不全(読み)じゅんかんふぜん(英語表記)circulatory insufficiency; circulatory failure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

循環不全
じゅんかんふぜん
circulatory insufficiency; circulatory failure

心臓および血管系から各臓器,組織に対して必要な質および量の血液を循環することができない病的状態をいう。この原因が心臓にあるときは心不全,末梢血管にあるときは末梢循環不全という。心不全の分類は種々あるが,ニューヨーク・ハートアソシエイションの重症度分類では,次のように定められている。第1度 心臓疾患が存在するが無症状で,労作時にも呼吸困難,動悸,胸痛,疲労などを起さないもの。第2度 安静時とか軽度の労作時には障害がなく,強度の労作の場合だけ症状の発現するもの。第3度 安静時には無症状であるが,軽度の労作によって症状を呈するもの。第4度 安静時にも症状があり,わずかな労作によっても悪化するもの。一方,末梢循環不全は充実不全,循環虚脱とも呼ばれ,心臓に還流する血液量の不十分なことが主因になる。症状は顔面蒼白,冷汗,体温下降,脈拍細小,血圧下降,嘔吐,失神などで,循環血液量が極度に減少した場合は,ショックまたは虚脱ともいう。心不全と末梢循環不全とは互いに移行し,または同時に起ることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

循環不全の関連情報