コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動悸/動気 ドウキ

デジタル大辞泉の解説

どう‐き【動×悸/動気】

胸がどきどきすること。心臓鼓動がいつもより激しく打つこと。「―が鎮まる」「―がして冷や汗が出る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どうき【動悸 palpitation】

胸がどきどきするという自覚症状。似たことばに心悸亢進tachysystoleがあるが,これは動悸とともに心臓部の不安感や心臓の存在感を伴うもので,動よりも広い概念をもつ。動悸は,心臓の収縮力が増強しているとき,発作性頻拍症などにより頻脈のあるとき,期外収縮など不整脈があるときや血流異常などによって生じる。しかし,動悸の感じ方は,本人の感受性によって,かなり異なる。たとえば,健康な人でも,激しい運動をしたときやその後,脱水状態や精神的興奮が高まったときには,しばしば動悸を感じるものであるが,感受性の強い人や心臓神経症のあるときは,安静時や体を動かしたときなど,ふつうでは感じるはずのない状態にもかかわらず,動悸を自覚することがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

どうき【動悸】

胸がどきどきすること。心臓の鼓動がふだんより激しくなったり、リズムが乱れたりすること。 「 -がする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動悸
どうき

心悸亢進」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

動悸
どうき

心臓の拍動を自覚した状態、あるいは心拍動を異常に強く意識することをいい、心悸亢進(しんきこうしん)ともよばれる。かならずしも心疾患によっておこるものではない。原因としては、心拍数の増加による場合、心拍数は正常でも拍動が強いためにおこる場合、心臓の刺激伝導障害である期外収縮や房室ブロックなどの不整脈による場合などがある。とくに不整脈では、動悸がもっとも主要な自覚症状となることがある。
 動悸をきたす疾患としては、発熱やバセドウ病、褐色細胞腫(しゅ)、貧血など心臓以外の疾患の主要症状として頻脈あるいは心収縮の亢進をきたすものと、弁膜症や先天性心疾患、高血圧性心疾患、不整脈などの器質的心疾患によって心拍の不整、頻脈をきたすものとが考えられる。また、とくに疾患がなくても、飲酒、喫煙、嗜好(しこう)品、薬剤の過剰な摂取や神経循環無力症、不安神経症などによってもおこりうる。
 動悸の原因診断は、常時出現している不整脈によるものであれば、心電図をとることによって診断可能であるが、不定期に突発的に出現する動悸発作の診断には24時間の心電図を記録するホルター心電図法が用いられる。心電図だけではなく、付随する自覚症状、そのほかの諸症状や既往症、基礎疾患の有無から総合的に判断することが必要である。[木村和文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の動悸/動気の言及

【心悸亢進】より

…心臓の拍動を自覚し動悸を感ずる状態で,とくに心臓の拍動が異常に強く速くなっている場合に用いられる。原因としては,運動,精神的緊張,発熱などの肉体的・精神的負担の増大や,アルコール,カフェイン,ニコチンなどの嗜好品や薬物などによって,脈拍数が増したり血圧が上昇したりする場合と,心臓病や呼吸器病などの病的状態で,脈拍数が増したり,不整が起こったり,極端に脈拍が減少したりする場合,また大動脈瘤や心臓の拡大のために胸壁に拍動が強く伝わる場合などである。…

※「動悸/動気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

動悸/動気の関連キーワード慢性血栓塞栓性肺高血圧症ストレートバック症候群動悸、失神とその対策甲状腺機能亢進症アセトアルデヒドダンピング症候群起立性調節障害自律神経失調症無自覚性低血糖過換気症候群パニック障害WPW症候群バセドー病月経困難症心悸亢進症心臓弁膜症更年期障害不安神経症心臓に悪いどっきり

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android