コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胸痛 きょうつう chest pain

6件 の用語解説(胸痛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胸痛
きょうつう
chest pain

胸部に生じる痛みの総称。心臓その他の胸腔内臓器,腹部臓器などから起る深部痛のほか,胸壁などの障害や感覚神経末端の刺激によって起る表面痛がある。胸痛のうちで最も重要なものは心臓痛で,狭心症心筋梗塞急性心膜炎などによる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょう‐つう【胸痛】

胸部の痛み。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活習慣病用語辞典の解説

胸痛

胸部の痛み。「締めつけられるような」「押されるような」「息がつまるような」「刺されるような」と表現されます。主に肺や心臓の病気による症状で、危険な状態のこともあるので、速やかに原因を診断してもらう必要があります。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きょうつう【胸痛 chest pain】

胸部の病気で発生するおもな症状の一つ。なんらかの病変が神経にある刺激を与えたとき,痛みとして感じられる。しかし,胸部のすべての部分に,痛みを感ずる神経が分布しているわけではない。とくに胸部で最大の臓器である肺には,感覚神経が分布していないため,病気が肺内にとどまっているかぎり,痛みは感じない。肺結核,肺癌,肺膿瘍など,肺内に明らかな病変があっても痛みを感じないのはこのためである。ところが,胸壁や胸膜,気管,太い気管支,心臓,大血管には痛みを感ずる神経があるので,その部分の病変や肺の病変がこの部分に進展してくると,痛みとして感じられるようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょうつう【胸痛】

病気やけがのための胸の痛み。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胸痛
きょうつう

胸部に感ずる痛みは患者の訴える症状のなかで、かなり頻度が高く、たちのよいものや悪いものもある。緊急処置を必要とする胸痛は、心筋梗塞(こうそく)、肺梗塞、緊張性気胸の三つである。
 肺には知覚神経がないので、肺だけに限局する病変では痛みをおこさない。肺の病変が胸膜、肋骨(ろっこつ)などの隣接組織に波及すると、胸痛がおこる。肺に起因する胸痛で激痛がおこるのは気管支異物と肺梗塞で、臨床的意義の大きいのは原発性肺癌(がん)である。肺癌が胸膜からさらに胸壁に浸潤して肋間神経に及ぶと痛みは激しくなる。胸膜疾患では胸痛を訴えることが多く、とくに深吸気時に痛みを増す。おもな疾患は胸膜炎と自然気胸である。肺動脈に塞栓がおこると肺塞栓とよばれ、大きな塞栓では胸痛、呼吸困難をおこす。
 心臓の異常によっておこる胸痛の代表は、狭心症と心筋梗塞である。心筋梗塞の痛みは絞扼(こうやく)感(締め付けられるような感じ)であるが、解離性大動脈瘤(りゅう)の胸痛は突然おこり、引き裂かれるような激痛である。なお、胸壁におこる胸痛としては、冷膿瘍(のうよう)、帯状疱疹(ほうしん)、肋骨骨折などによるものがある。[山口智道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の胸痛の言及

【胸膜炎】より

…これに対し,明らかな肺結核病巣が胸膜に波及して生じた胸膜炎は随伴性胸膜炎とよばれる。
[症状・診断]
 胸痛,発熱,呼吸困難がおもな症状である。徐々に発症することが多いが,突然発症することもある。…

【心臓】より

…また第21王朝(前1000ころ)のある女性のミイラの古病理学的研究によると冠状動脈硬化の所見が得られた。日本でも《医心方》(10世紀)第6巻には,急激に発症した〈胸痛〉(卒心痛)に対処する方法が書かれている。藤原道長は53歳のとき〈胸病〉を発病し,数十回もの発作におそわれたが,これは心悸亢進,心臓疼痛を伴う心臓神経症と推定される。…

※「胸痛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

胸痛の関連キーワードゴム病重症主徴余病老化にともなう耳、鼻、のどの病気と症状紅皮症のおもな原因すす点病(アカクローバ)すす点病(シロクローバ)すす点病(アルサイククローバ)WDHA症候群

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

胸痛の関連情報