コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微量拡散分析 びりょうかくさんぶんせきmicrodiffusion analysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

微量拡散分析
びりょうかくさんぶんせき
microdiffusion analysis

E.コンウェーによって考案された微量分析法の1つで,揮発性成分の定量に用いられる。方法は,密閉した容器内に揮発性成分を含む試料と吸収液を分けて入れ,放置しておくと,揮発性成分は揮発,拡散し,吸収液にすべて吸収される。吸収液を滴定するか,または他の方法によって,揮発性成分を定量する。操作が簡単で所要時間も短いので,生化学方面に広く利用される。アンモニア,アミン類,アルコール,酢酸のほか,分解して揮発性物質を発生する尿素,炭酸塩,ブドウ糖などの分析にも利用できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android