コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川慶篤 とくがわ よしあつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川慶篤 とくがわ-よしあつ

1832-1868 江戸時代後期の大名。
天保(てんぽう)3年6月3日生まれ。徳川斉昭(なりあき)の長男。妻は幟子(たかこ)女王。徳川慶喜(よしのぶ)の兄。天保(てんぽう)15年父が幕命隠退謹慎し,13歳で常陸(ひたち)水戸藩主徳川家10代となる。尊攘(そんじょう)派と保守派による藩内抗争がはげしく,藩内鎮撫のための対応に苦慮した。慶応4年4月5日死去。37歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

徳川慶篤

没年:明治1.4.5(1868.4.27)
生年:天保3.6.3(1832.6.30)
幕末,藩内抗争が激烈を極めたときの第10代水戸藩主。諱は慶篤,字は子有,幼名は鶴千代。南山と称す。諡は順公。父徳川斉昭の長男,母は正室吉子。弘化1(1844)年5月に父斉昭が幕命によって隠居謹慎になり代わって藩主となったが,藩政実権は後見の高松藩主松平頼胤や藩内結城派が掌握した。嘉永6(1853)年,父が藩政復帰し実権を再び掌握した。安政5(1858)年,父と共に日米修好通商条約の無断違勅調印に抗議して江戸城不時登城して登城停止の処分を受けた。文久3(1863)年,朝命により横浜鎖港に当たった。性格は優柔不断で,天狗党と諸生党との藩内対立,流血を結果的に放任した。

(吉田昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

徳川慶篤の関連キーワード加藤八郎太夫香川 敬三真木彦之進清水 篤守三輪友衛門藤田小四郎住谷寅之介佐々与衛門天狗党の乱安政の大獄武田耕雲斎松平頼徳梅村速水結城寅寿山口正定幟子女王清水篤守岡部忠蔵塙又三郎徳川篤敬

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android