徳若(読み)トクワカ

デジタル大辞泉の解説

とく‐わか【徳若】

[名・形動ナリ]《「とこわか(常若)」の音変化》「とこわか」に同じ。
「殿も―民もゆたかに」〈虎寛狂・松楪〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とくわか【徳若】

( 名 ・形動ナリ )
〔「常若とこわか」の転〕
いつまでも若々しい・こと(さま)。 「今年より蔵代官をゆづりえて殿も-民も-/狂言・松楪」
[句項目] 徳若に御万歳

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とく‐わか【徳若】

〘名〙 (「とこわか(常若)」の変化した語)
① (形動) 永遠に若々しいさま。〔名語記(1275)〕
② 万歳(まんざい)を演じる者。
※歌舞伎・伊勢平氏栄花暦(1782)三立(暫)「『祝ひ納むる万歳の』『徳若(トクワカ)衆とも女とも見ゆる姿の男舞』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳若の関連情報