コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万歳 まんざい

11件 の用語解説(万歳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万歳
まんざい

日本音楽の曲名。民俗芸能の万歳を素材としたもの。 (1) 地歌では城志賀作曲の二上り端歌物が代表的。前半には,大和万歳の「柱立て」および「えびす舞」の歌を用い,後半には禁中万歳歌 (千秋万歳) から出たとも,あるいは蓮如上人の作とも伝えられる子守歌『優女 (やしょめ) 』から出たともされる,やはり大和万歳の『京之町』によっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

万歳
まんざい

門付芸 (かどづけげい) の一つ。正月に家々を訪れ祝言を述べて米や銭を請う。平安時代末から室町時代には千秋万歳 (せんずまんざい) といい,唱門師などが業とすることがあった。三河万歳江戸幕府開府の当時から出府したので広く知られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ばん‐ざい【万歳】

[名](スル)《古くは「ばんぜい」。「ばんざい」は近代以降の読み方》
祝いや喜びの気持ちを込めてを唱えること。多く、威勢よく両手を上げる動作を伴う。また、その動作のこともいう。「万歳を三唱する」「万歳の姿勢」
めでたいこと。うれしいこと。「これが成功すれば万歳だ」
1の動作から》
㋐降参すること。お手上げ。「もう食べられない。万歳するよ」
㋑野球で、野手がフライを捕球しようとして両手を上げながら、打球に頭上を抜かれること。→ばんぜい(万歳)
[感]めでたいときやうれしいときに、その気持ちを込めて発する語。「万歳、合格だ」

ばん‐ぜい【万歳】

長い年月。万年。「千秋万歳
いつまでも生きること。また、永く栄えること。
「君天下を保たせ給はん事、―是より始まる可し」〈太平記・二八〉
めでたいこと、寿命などを祝福して唱える語。ばんざい。
「―の喜びをぞ唱へける」〈曽我・五〉

まん‐ざい【万歳】

万年。よろずよ。また、長寿や末長い繁栄を祝う言葉。ばんぜい。ばんざい。
新年に家々を訪れて祝言を述べ、舞を演じる門付け芸人。また、その芸能。烏帽子(えぼし)直垂(ひたたれ)または素襖(すおう)姿で扇を持った太夫(たゆう)と、大黒頭巾(だいこくずきん)たっつけ姿で鼓を持った才蔵の二人一組が普通。千秋万歳(せんずまんざい)に始まる。のち、こっけいな掛け合いをする寄席の芸にもなった。太夫の出身地により三河万歳尾張万歳秋田万歳などがある。今日の漫才のもと。 新年》「山里は―おそし梅の花/芭蕉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

万歳【まんざい】

正月,家ごとに回って祝言をのべ,歌い舞い,祝儀を請う門付(かどづけ)芸の一種。形式は時代と土地で違うが,ふつう風折烏帽子(かざおりえぼし)に素襖(すおう)を着た太夫と,頭巾をかぶり鼓をもつ才蔵とが一組になり,家ごとに祝言をのべ,滑稽(こっけい)な掛合をし,太夫が舞い才蔵が鼓を打つ。
→関連項目千秋万歳チョンダラー漫才

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ばんざい【万歳】

長久,〈とこしえ〉の意であるとともに,死期をも指す。そして万歳の語が,歴史的に重要な意味をもつのは,慶賀,歓呼の詞としてである。中国においては,西周の金文にすでに〈万年無疆〉の例があるが,これは限りなく永遠の意で使われている。《詩経》の〈万寿無疆〉(〈豳風(ひんぷう)〉〈小雅〉など)は,賓客に対する万福万幸を祝すものである。戦国時代の《韓非子》顕学篇に至って祝福の詞として〈千秋万歳〉と熟した用例がみえる。

まんざい【万歳】

民俗芸能。祝福芸,門付芸(かどづけげい)の一つ。正月に家々の座敷や門口で予祝の祝言を述べたてるもので,〈千秋万歳(せんずまんざい)〉の末流と考えられる。平安時代後期成立の《新猿楽記》には〈千秋万歳之酒禱(さかほがい)〉と見え,千秋万歳はこのころすでに職能として存在していたと思われる。鎌倉時代以降には宮中をはじめ寺社,武家などの権門を訪れるようになり,室町時代の中ごろには一般の民家にも門付してまわるようになった(《臥雲(がうん)日件録》)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ばんざい【万歳】

〔「ばん」は漢音、「さい」は呉音〕
( 名 ) スル
「ばんざい」を唱えること。また、唱えたくなるほどめでたいこと、嬉しいこと。 「 -を三唱する」 「この案が通れば-なのだが」
〔両手を上げる形から〕 打開の方法がないこと。困って、なるがままにまかせること。降参。お手上げ。 「もう-するしかない」
〔上げた両手が「ばんざい」の形になることから〕 野球で、野手がフライをとろうとして目測を誤り、頭の上を越されること。
ばんぜい(万歳) 」に同じ。
( 感 )
めでたい時や嬉しい時、長久を祈る時などに唱える語。多く、両手を頭上に高く振り上げる動作を伴う。 「 -、出来たぞ」
[句項目]

ばんぜい【万歳】

〔漢音〕
万年。長い年月。まんざい。 「天子宝算千秋-/平家 灌頂
いつまでも生きること、栄えること。めでたいこと。 「勝ちどきを作りて-の喜びをぞ唱へける/曽我 5
貴人の死。
長寿・長久を願って、また、祝福していう語。感動詞的にも用いる。 「中納言再拝し-を称し/三代実録 元慶六」 → ばんざい
[句項目]

まんざい【万歳】

〔呉音〕
非常に長い年月。万年。また、いつまでも生きたり、栄えたりするよう祝う語。ばんぜい。ばんざい。 「とくわかに御-と君も栄えまします/浄瑠璃・千本桜」
新年に家々を回り祝言を述べ、舞を見せる門付かどづけ芸能。風折り烏帽子えぼしに大紋の直垂ひたたれ姿の太夫たゆうが、大黒頭巾にたっつけ袴の才蔵の鼓に合わせて演ずる。江戸時代に千秋せんず万歳より興り、三河万歳・大和万歳・尾張万歳・秋田万歳などがある。 [季] 新年。 《 -や左右にひらいて松の蔭 /去来 》

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の万歳の言及

【万歳】より

…長久,〈とこしえ〉の意であるとともに,死期をも指す。そして万歳の語が,歴史的に重要な意味をもつのは,慶賀,歓呼の詞としてである。中国においては,西周の金文にすでに〈万年無疆〉の例があるが,これは限りなく永遠の意で使われている。…

※「万歳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

万歳の関連キーワード漢音漢呉音図戯作呉音一再慣用音正音倭音一番町

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

万歳の関連情報