心中二つ腹帯(読み)シンジュウフタツハラオビ

大辞林 第三版の解説

しんじゅうふたつはらおび【心中二つ腹帯】

浄瑠璃。世話物。紀海音作。1722年初演。近松門左衛門作の「心中宵庚申」と同題材の、お千代・半兵衛の心中物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんじゅうふたつはらおび シンヂュウ‥【心中二つ腹帯】

浄瑠璃。世話物。三巻。紀海音作。享保七年(一七二二)大坂豊竹座初演。前年の四月五日、宵庚申の夜に、大坂新靫町の八百屋の養子半兵衛と女房お千代が、生玉(いくたま)馬場先の大仏勧進所で心中した事件を題材として脚色したもの。切腹する半兵衛と懐胎中のお千代とがそれぞれ腹帯をして死ぬことから、外題ができた。→心中宵庚申

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android