コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八百屋 ヤオヤ

デジタル大辞泉の解説

やお‐や〔やほ‐〕【八百屋】

野菜類を売る店。また、その人。青物屋。青果商。
深くはないが学問・技芸・趣味などについていろいろ知っていること。また、その人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やおや【八百屋】

野菜などを販売する商人の店。自家生産の野菜を町に振売(ふりうり)することが平安時代にはみられた。江戸時代に入ると都市の発達に伴って,住民の消費にこたえる店売が始まった。そのころは,あらゆる精進の調菜,乾物海藻木の実草根などを扱っていたので八百屋といった。18世紀には野菜類に限定され,葉菜青物,根菜の土物,果菜前栽物に区別されていた。都市の青物市が近郊の農家から集荷し,小売の八百屋はそこから仕入れた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やおや【八百屋】

野菜・果物などを売る店。また、その人。青果商。
深くはないが、さまざまなことに通じている人。また、趣味などの幅広い人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八百屋
やおや

野菜類を販売する商人または店。自家生産の野菜類を町で振売りする小商人はすでに10世紀ころからみられた。都市住民の生活向上に伴い、その需要に応ずる店売りは17世紀に始まった。そこではいっさいの精進(しょうじん)の調菜(副食物)、乾物、海藻、木の実、草根などを扱っていたので八百屋といった。これが18世紀に入ると、商品は野菜類に限られ、葉菜類(青物)、根菜類(土物(つちもの))、果菜類(前栽(ぜんさい)物)だけが店頭で商われた。都市の青物市場へは近郊の農家から集荷された。八百屋はそれを仕入れて小売りをした。また、担売りもあり、これは八百屋のほかに近郊農家のものも多く、青物売りとよばれた。19世紀後半になると、小売りの八百屋は果物も扱って青果物商となり、また第二次世界大戦後はスーパーマーケットや産地直売の普及につれて、缶詰、瓶詰類も置く食料品店化しつつあり、成立当初の八百屋に戻っているといえる。なお、野菜を行商する女性は今日でもみられる。[遠藤元男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

八百屋の関連キーワードあさきゆめみし/八百屋お七異聞僕らのイケメン青果店其往昔恋江戸染吉様参由縁音信お千代半兵衛心中二つ腹帯値切り小切り気っ相・吃相好色五人女お七吉三物八百屋お七こまずける心中宵庚申お神酒徳利お七吉三石焼き芋八百屋町口説き節使い立て遠藤元男

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八百屋の関連情報