心染む(読み)ココロソム

精選版 日本国語大辞典の解説

こころ【心】 染(し)

[一] (「染む」が自動詞四段活用の場合) 深く心にとまる。気持が引き付けられる。気に入る。
源氏(1001‐14頃)絵合「らうたげさに御心しみて、いと繁う渡らせ給て」
[二] (「染む」が他動詞下二段活用の場合) 心を打ち込む。心にかける。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「この君の、いとさしも親しからぬ継母の御ことを、いたく心しめ給へるかな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android