継母(読み)ままはは

精選版 日本国語大辞典「継母」の解説

まま‐はは【継母】

〘名〙 (「ままはわ」の時代も) のつながっていないの後添いの。けいぼ。〔二十巻本和名抄(934頃)〕
※宇津保(970‐999頃)忠こそ「あこ君のへ時々かよふをままははの北方、うらやましとおぼしけれど」
[語誌](1)「まま()」は血のつながらない親子あるいは異母の兄弟姉妹を意味する語素。同母の兄弟姉妹には「いろ」を用いて「いろせ」「いろと」などという。
(2)中世以降は後妻を指すことが多い。

けい‐ぼ【継母】

〘名〙 父の妻で、実母や養母ではない者。父の後妻。ままはは。〔令義解(718)〕
※太平記(14C後)一二「孝子其父に雖誠、継母(ケイボ)其子を讒する時は傾国失家事古より其類多し」 〔礼記‐服問〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「継母」の解説

けい‐ぼ【継母】

父の妻で、自分と血のつながっていない母。ままはは。

まま‐はは【継母】

血のつながっていない母。けいぼ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の継母の言及

【継子いじめ譚】より

…継母にいじめられる子どもの昔話は,日本には数が多い。しかし,神話段階には見当たらない。…

※「継母」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android