継母(読み)ままはは

精選版 日本国語大辞典「継母」の解説

まま‐はは【継母】

〘名〙 (「ままはわ」の時代も) のつながっていない。父の後添いの妻。けいぼ。〔二十巻本和名抄(934頃)〕
※宇津保(970‐999頃)忠こそ「あこ君のへ時々かよふをままははの北方、うらやましとおぼしけれど」
[語誌](1)「まま()」は血のつながらない親子あるいは異母の兄弟姉妹を意味する語素。同母の兄弟姉妹には「いろ」を用いて「いろせ」「いろと」などという。
(2)中世以降は後妻を指すことが多い。

けい‐ぼ【継母】

〘名〙 父の妻で、実母や養母ではない者。父の後妻。ままはは。〔令義解(718)〕
※太平記(14C後)一二「孝子其父に雖誠、継母(ケイボ)其子を讒する時は傾国失家事古より其類多し」 〔礼記‐服問〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「継母」の解説

【継母】けいぼ

まま母。

字通「継」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の継母の言及

【継子いじめ譚】より

…継母にいじめられる子どもの昔話は,日本には数が多い。しかし,神話段階には見当たらない。…

※「継母」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android