コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心短し ココロミジカシ

デジタル大辞泉の解説

こころ‐みじか・し【心短し】

[形ク]
気が短い。気ぜわしい。せっかちである。
「春の花、いづれとなくみな開け出づる色ごとに目を驚かぬはなきを、―・くうち捨てて散りぬるが」〈藤裏葉
飽きっぽい。移り気だ。
「たのもしげなきもの。―・く、人忘れがちなる婿の、常に夜離(よが)れする」〈・一六四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こころみじかし【心短し】

( 形ク )
気がみじかい。短気だ。 「たのもしげなきもの。-・く、人忘れがちなる婿の、つねに夜離れする/枕草子 164

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

心短しの関連キーワード枕草子婿

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android