心臓震盪/心臓震蕩(読み)シンゾウシントウ

デジタル大辞泉の解説

しんぞう‐しんとう〔シンザウシンタウ〕【心臓震×盪/心臓震×蕩】

野球ボールが胸に当たるなどの胸部に受けた打撲がもとで、重度不整脈である心室細動が起こった状態。若年者に多く、健康な子供でも起こる。治療は、自動体外式除細動器(AED)などを使用して除細動処置を速やかに実施する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android