自動体外式除細動器(読み)ジドウタイガイシキジョサイドウキ

デジタル大辞泉の解説

じどうたいがいしき‐じょさいどうき〔ジドウタイグワイシキヂヨサイドウキ〕【自動体外式除細動器】

心室細動を起こした人に取り付け、電気ショックを与えて心臓の働きを取り戻すための救命機器。平成16年(2004)から一般人の使用も認められ、機械の音声指示に従って操作する。空港や駅、スポーツ施設などに設置が広まっている。AED(automated external defibrillator)。→植え込み型除細動器

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自動体外式除細動器の関連情報