忍路海岸(読み)おしょろかいがん

世界大百科事典 第2版の解説

おしょろかいがん【忍路海岸】

北海道小樽市西部にある海岸。通常塩谷付近から蘭島海水浴場にいたる約8kmの間をいう。海食崖の発達する小半島の北西部の小湾忍路湾は幅200mで約900m湾入し,底質は砂泥で風波が少ないため舟泊に適し,1667年(寛文7)には運上屋が設けられ,ニシン漁業の中心地として著名であった。ニセコ積丹小樽海岸国定公園の指定地域があり,忍路町の南東台地上の忍路環状列石は史跡に指定されている。【岡本 次郎

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android