コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍路海岸 おしょろかいがん

1件 の用語解説(忍路海岸の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おしょろかいがん【忍路海岸】

北海道小樽市西部にある海岸。通常塩谷付近から蘭島海水浴場にいたる約8kmの間をいう。海食崖の発達する小半島の北西部の小湾忍路湾は幅200mで約900m湾入し,底質は砂泥で風波が少ないため舟泊に適し,1667年(寛文7)には運上屋が設けられ,ニシン漁業の中心地として著名であった。ニセコ積丹小樽海岸国定公園の指定地域があり,忍路町の南東台地上の忍路環状列石は史跡に指定されている。【岡本 次郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

忍路海岸の関連キーワード小樽市ニセコ積丹小樽海岸国定公園白兎海岸雷電海岸北海道薬科大学北海道中央バスおたる水族館南樽市場小樽の女北海道ワイン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone