志村五郎(読み)しむら ごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志村五郎 しむら-ごろう

1930- 昭和後期-平成時代の数学者。
昭和5年2月23日生まれ。36年阪大教授,37年アメリカのプリンストン大教授となる。虚数乗法論の高次元化と「志村多様体」とよばれるモデルの構成で知られる。52年アメリカ数学会のコール賞,平成4年朝日賞。7年藤原賞。静岡県出身。東大卒。著作に「近代的整数論」(共著)など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android