応源(読み)おうげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

応源 おうげん

?-? 平安時代後期の絵仏師。
鳥羽僧正覚猷(かくゆう)の命をうけ,円珍が唐(とう)(中国)でうつした「胎蔵旧図様」などを模写した。保延(ほうえん)元年(1135)鳥羽勝光明院御堂の堂内装飾を担当し,仏像彩色,柱絵などを手がけた。応元ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

応源

生年:生没年不詳
平安後期に活躍した絵仏師。応元とも書く。永久2(1114)年,鳥羽僧正覚猷の企てに従って,かつて円珍が唐から請来した貴重な密教の白描図像である「胎蔵図像」「胎蔵旧図様」両本の転写を行う(ともに鎌倉時代の再転写本のみが現存。前者は奈良国立博物館蔵,後者は個人蔵)。『長秋記』によれば,長承3(1134)年から数年の間,京都法金剛院と京都勝光明院に新造された堂塔の荘厳(装飾)に従事。他の絵仏師と共に柱絵や扉絵を制作し,さらに工芸品の図柄も描いている。その画技は高い評価を受けたが,絵仏師としての昇進の面では必ずしも恵まれなかった。<参考文献>平田寛「絵仏師応源のこと」(『密教図像』5号)

(矢島新)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうげん【応源】

12世紀前半(平安後期)の絵仏師。生没年不詳。応元とも記す。1114年(永久2)鳥羽僧正覚猷(かくゆう)の命をうけ円珍請来の《胎蔵図像》《胎蔵旧図様》を模写し,図像収集に協力した。源師時の《長秋記》によれば34年(長承3)法金剛院堂塔の荘厳(しようごん)に絵仏師として召され,35年(保延1)には鳥羽勝光明院御堂の造営に参加し,仏像彩色や柱絵の制作などの堂内装飾を担当し,源師時をはじめ当時の高い評価をうけた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android