コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応源 おうげん

3件 の用語解説(応源の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

応源 おうげん

?-? 平安時代後期の絵仏師。
鳥羽僧正覚猷(かくゆう)の命をうけ,円珍が唐(とう)(中国)でうつした「胎蔵旧図様」などを模写した。保延(ほうえん)元年(1135)鳥羽勝光明院御堂の堂内装飾を担当し,仏像彩色,柱絵などを手がけた。応元ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

応源

生年:生没年不詳
平安後期に活躍した絵仏師。応元とも書く。永久2(1114)年,鳥羽僧正覚猷の企てに従って,かつて円珍が唐から請来した貴重な密教の白描図像である「胎蔵図像」「胎蔵旧図様」両本の転写を行う(ともに鎌倉時代の再転写本のみが現存。前者は奈良国立博物館蔵,後者は個人蔵)。『長秋記』によれば,長承3(1134)年から数年の間,京都法金剛院と京都勝光明院に新造された堂塔の荘厳(装飾)に従事。他の絵仏師と共に柱絵や扉絵を制作し,さらに工芸品の図柄も描いている。その画技は高い評価を受けたが,絵仏師としての昇進の面では必ずしも恵まれなかった。<参考文献>平田寛「絵仏師応源のこと」(『密教図像』5号)

(矢島新)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おうげん【応源】

12世紀前半(平安後期)の絵仏師。生没年不詳。応元とも記す。1114年(永久2)鳥羽僧正覚猷(かくゆう)の命をうけ円珍請来の《胎蔵図像》《胎蔵旧図様》を模写し,図像収集に協力した。源師時の《長秋記》によれば34年(長承3)法金剛院堂塔の荘厳(しようごん)に絵仏師として召され,35年(保延1)には鳥羽勝光明院御堂の造営に参加し,仏像彩色や柱絵の制作などの堂内装飾を担当し,源師時をはじめ当時の高い評価をうけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

応源の関連キーワード絵仏師円派定慶仏師七条大宮仏所宅磨為辰宅磨為久頼円(2)頼成頼増

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

応源の関連情報