コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

念無 ねんむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

念無 ねんむ

?-1663 江戸時代前期の僧。
浄土宗。近江(おうみ)(滋賀県)の人。江戸霊巌(れいがん)寺の霊巌に師事し,江戸高輪(たかなわ)に済海寺,伊皿子(いさらご)に道往寺をひらいた。往生する日時をきめて,寛文3年8月15日みずから命をたったという。号は仏蓮社法誉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

念無の関連キーワード丁・亭・低・体・停・偵・剃・呈・啼・堤・定・帝・底・庭・廷・弟・悌・抵・挺・提・梯・汀・涕・程・綴・締・艇・訂・諦・貞・蹄・逓・遞・邸・鄭・鼎心頭を滅却すれば火も亦涼し心頭滅却すれば火もまた涼し十八不共法念も無い山岡鉄舟剣禅一致内山愚童無想無念宮下太吉陀羅尼黙照禅浄土宗寂寂禊教気功坐禅座禅無想無心

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

念無の関連情報