コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊巌 レイガン

4件 の用語解説(霊巌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

れいがん【霊巌】

[1554~1641]安土桃山時代から江戸初期の浄土宗の僧。駿河の人。諸国を遊行して多くの寺院を造り、江戸霊岸島霊巌寺を創建。また、徳川家光の寄進を得て知恩院を再興した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

霊巌 れいがん

1554-1641 織豊-江戸時代前期の僧。
天文(てんぶん)23年4月8日生まれ。浄土宗下総(しもうさ)生実(おゆみ)(千葉県)大巌寺の貞把,虎角にまなび,同寺をつぐ。徳川家康の帰依(きえ)をうけ,江戸深川に霊巌寺をひらいた。寛永6年京都知恩院住持となり,10年の火災による焼失後その再建につくした。寛永18年9月1日死去。88歳。駿河(するが)(静岡県)出身。俗姓は今川。字(あざな)は松風。号は檀蓮社雄誉。著作に「精義集」「伝法指南」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

霊巌

没年:寛永18.9.1(1641.10.5)
生年:天文23.4.8(1554.5.9)
戦国・江戸初頭の浄土宗の僧。沼津氏勝の子。下総大巌寺(千葉県)の道誉に師事し,のちに大巌寺3世となる。諸国各地をめぐり諸寺を興し,徳川家康,秀忠,家光の帰依を受け,江戸に霊巌寺を建てて多くの学徒を集めた。寛永6(1629)年に幕命により知恩院32世となる。後水尾天皇の寵を得て,浄土の法門を進講した。同10年に知恩院が焼失したのち,その再興に努める。また江戸城中でも法門を論じた。『選択集』などの開版にも尽くした。<著作>『精義集』『伝法指南』

(林淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霊巌
れいがん
(1554―1641)

江戸初期の浄土宗の僧。檀蓮社雄誉(だんれんじゃゆうよ)と号し、字(あざな)は松風(しょうふう)という。駿河(するが)国(静岡県)沼津の今川氏勝(うじかつ)の三男。下総(しもうさ)(千葉県)生実大巌寺(おゆみだいがんじ)の貞把(ていは)に師事し、1587年(天正15)同寺3世を継ぐ。数年にして辞し、奈良に上ったが、徳川家康の命により大巌寺に再住し、伽藍(がらん)の整備に努力した。また安房(あわ)、上総(かずさ)(千葉県)に布教して里見義隆(さとみよしたか)、松平家信(いえのぶ)、内藤政長(ないとうまさなが)らの帰依(きえ)を受け、さらに諸国を遊歴して法を弘(ひろ)め、家康、秀忠(ひでただ)、家光(いえみつ)らに尊信され、後水尾(ごみずのお)天皇にも進講した。また、江戸に霊巌島(中央区)を築いて霊巌寺を建立し、学衆の教育を行った。1629年(寛永6)知恩院(ちおんいん)32世を命じられ、焼失した知恩院を家光(いえみつ)の上意を得て再建し、その威容は現在に至っている。在世中、各地に多くの寺を建て、多数の弟子を養成した。著書に『精義集(しょうぎしゅう)』『伝法指南(でんぼうしなん)』などがある。[阿川文正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

霊巌の関連キーワード今枝重直織田信益可児才蔵坂浄慶順専正玄雪林沼津乗天古田斎宮(初代)横田尹松

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

霊巌の関連情報