コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊巌 レイガン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

霊巌 れいがん

1554-1641 織豊-江戸時代前期の僧。
天文(てんぶん)23年4月8日生まれ。浄土宗。下総(しもうさ)生実(おゆみ)(千葉県)大巌寺の貞把,虎角にまなび,同寺をつぐ。徳川家康帰依(きえ)をうけ,江戸深川に霊巌寺をひらいた。寛永6年京都知恩院住持となり,10年の火災による焼失後その再建につくした。寛永18年9月1日死去。88歳。駿河(するが)(静岡県)出身。俗姓今川。字(あざな)は松風。号は檀蓮社雄誉。著作に「精義集」「伝法指南」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

霊巌

没年:寛永18.9.1(1641.10.5)
生年:天文23.4.8(1554.5.9)
戦国・江戸初頭の浄土宗の僧。沼津氏勝の子。下総大巌寺(千葉県)の道誉に師事し,のちに大巌寺3世となる。諸国各地をめぐり諸寺を興し,徳川家康,秀忠,家光の帰依を受け,江戸に霊巌寺を建てて多くの学徒を集めた。寛永6(1629)年に幕命により知恩院32世となる。後水尾天皇の寵を得て,浄土の法門を進講した。同10年に知恩院が焼失したのち,その再興に努める。また江戸城中でも法門を論じた。『選択集』などの開版にも尽くした。<著作>『精義集』『伝法指南』

(林淳)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霊巌
れいがん
(1554―1641)

江戸初期の浄土宗の僧。檀蓮社雄誉(だんれんじゃゆうよ)と号し、字(あざな)は松風(しょうふう)という。駿河(するが)国(静岡県)沼津の今川氏勝(うじかつ)の三男。下総(しもうさ)(千葉県)生実大巌寺(おゆみだいがんじ)の貞把(ていは)に師事し、1587年(天正15)同寺3世を継ぐ。数年にして辞し、奈良に上ったが、徳川家康の命により大巌寺に再住し、伽藍(がらん)の整備に努力した。また安房(あわ)、上総(かずさ)(千葉県)に布教して里見義隆(さとみよしたか)、松平家信(いえのぶ)、内藤政長(ないとうまさなが)らの帰依(きえ)を受け、さらに諸国を遊歴して法を弘(ひろ)め、家康、秀忠(ひでただ)、家光(いえみつ)らに尊信され、後水尾(ごみずのお)天皇にも進講した。また、江戸に霊巌島(中央区)を築いて霊巌寺を建立し、学衆の教育を行った。1629年(寛永6)知恩院(ちおんいん)32世を命じられ、焼失した知恩院を家光(いえみつ)の上意を得て再建し、その威容は現在に至っている。在世中、各地に多くの寺を建て、多数の弟子を養成した。著書に『精義集(しょうぎしゅう)』『伝法指南(でんぼうしなん)』などがある。[阿川文正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

霊巌 (れいがん)

生年月日:1554年4月8日
安土桃山時代;江戸時代前期の浄土宗の僧
1641年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

霊巌の関連キーワード熊本県熊本市西区松尾町平山福岡県八女市黒木町笠原金峰山県立自然公園東京都江東区白河熊本県熊本市西区関東十八檀林神谷 大周川合 梁定獅子吼観定黒木〈町〉円行(1)霊巌上人石井大宣神谷大周川合梁定真道黎明石川玄常夢嵩良真鈍夫全快約庵徳久

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霊巌の関連情報