コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思ひ流す オモイナガス

デジタル大辞泉の解説

おもい‐なが・す〔おもひ‐〕【思ひ流す】

[動サ四]
次から次へと思い浮かべる。連想する。
「この世のほかの事まで―・され」〈・朝顔〉
あきらめる。断念する。
「父母の御ためと―・せば悔やみはなし」〈浄・大磯虎〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おもいながす【思ひ流す】

( 動四 )
思いを流し捨てる。あきらめる。 「父母の御ためと-・せばくやみもなし/浄瑠璃・大磯虎」
次から次へと頭に浮かんでくる。 「げになほわが世のほかまでこそよろづ-・さるれ/源氏 鈴虫

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報