急性前骨髄球性白血病

内科学 第10版「急性前骨髄球性白血病」の解説

急性前骨髄球性白血病(造血幹細胞移植の適応の考え方)

(2)急性前骨髄球性白血病(acute promyelocytic leukemia:APL造血幹細胞移植の適応
 オールトランス型レチノイン酸と化学療法を併用した治療で寛解に到達した症例については高い確率での長期無病生存が得られるため,第一寛解期の造血幹細胞移植は行われず,再発後の第二寛解期が造血幹細胞移植の適応となる.RT-PCRでMRD陰性の第二寛解が得られたら,自家移植を選択するのが妥当であるが,MRD陽性の場合は同種移植を検討する.[神田善伸]
■文献
Koreth J, Schlenk R, et al: Allogeneic stem cell transplantation for acute myeloid leukemia in first complete remission: systematic review and meta-analysis of prospective clinical trials. JAMA, 301: 2349-2361, 2009.
Cutler CS, Lee SJ, et al: A decision analysis of allogeneic bone marrow transplantation for the myelodysplastic syndromes: delayed transplantation for low-risk myelodysplasia is associated with improved outcome. Blood, 104: 579-585, 2004.
Oliansky DM, Czuczman M, et al: The role of cytotoxic therapy with hematopoietic stem cell transplantation in the treatment of diffuse large B cell lymphoma: update of the 2001 evidence-based review. Biol Blood Marrow Transplant, 17: 20-47 e30, 2011.

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android