コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛解/緩解 カンカイ

デジタル大辞泉の解説

かん‐かい〔クワン‐〕【寛解/緩解】

[名](スル)病気の症状が、一時的あるいは継続的に軽減した状態。または見かけ上消滅した状態。癌(がん)白血病など、再発の危険性のある難治の病気治療で使われる語。例えば、癌が縮小して症状が改善された状態を部分寛解、癌の症状がなくなり検査の数値も正常を示す状態を完全寛解という。→再燃4

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんかい【寛解 remission】

精神疾患とりわけ精神分裂病の病勢が静止した,あるいは一時的に回復した状態。後に症状を残さない完全寛解と一部症状を残したままの不完全寛解とに分かれる。治癒という言葉を使用しないのは,一時停止した病勢も結局は再発をくりかえしながら進行して欠陥状態に至るという疾病観に基づくが,必ずしも再発するとはかぎらず,実情に合わないところもあり,また社会復帰に重点をおく立場から最近では社会的治癒という言葉も使用されるようになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寛解
かんかい

病気の症状や徴候の一部またはすべてが軽快した状態、あるいは見かけ上、消滅して正常な機能にもどった状態。緩解とも表記する。病気が完全に治った状態を治癒(完治)というが、寛解は癌(がん)など病変の再発の可能性を否定できない疾患の治療の有効度について表現する際に用いられることが多い。症状や徴候の一部が軽快あるいは消滅した状態を部分寛解といい、治療によってその疾患に特有な症状や徴候のすべてにわたって軽快あるいは消滅が確認され、検査所見にも異常が認められず、正常な機能に復帰した状態を完全寛解という。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

寛解/緩解の関連キーワードダニエル・ポール シュレーバー全身性エリテマトーデス非アルコール性脂肪肝炎ウェゲナー肉芽腫症プロアクティブ療法注意欠陥多動性障害ネフローゼ症候群マイトマイシンC慢性関節リウマチアミロイドーシス腸炎ビブリオ症重症筋無力症結節性硬化症尋常性天疱瘡球後視神経炎関節リウマチ抗けいれん薬潰瘍性大腸炎多発性硬化症シュレーバー

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android