急性弛緩性麻痺(読み)きゅうせいしかんせいまひ(英語表記)Acute Flaccid Paralysis

知恵蔵miniの解説

急性弛緩性麻痺

手足などに急性の弛緩性麻痺が起こる疾患の総称。急性弛緩性麻痺を起こす疾患は、ポリオ様麻痺、急性弛緩性脊髄炎、急性横断性脊髄炎、急性脳脊髄炎、急性脊髄炎、ギラン・バレー症候群、ホプキンス症候群など多数ある。多くはウイルスなどの病原体感染を伴い、風邪に似た症状の後、手足呼吸筋などに筋力低下、筋萎縮などの麻痺症状が現れる。日本では2015年8月以降、小児を中心に原因不明の急性弛緩性麻痺が複数報告され、原因としてエンテロウイルスD68などの感染が指摘されている。麻痺の後遺症が残る事例も多く確認されており、原因の特定と、有効な治療法やワクチンの開発が急がれている。

(2018-11-13)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android