性合(い)(読み)ショウアイ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐あい〔シヤウあひ〕【性合(い)】

性質。たち。「性合いが異なる」
互いの性格がよく合うこと。相性のよいこと。「性合いのよい夫婦」
貨幣の、純金または純銀と混和物との割合。貨幣の品位。「性合いのよい金」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐あい シャウあひ【性合】

〘名〙
① たち。性質。
※装剣奇賞(1781)六「小革(こがは)此革ハルシヤによく似たるをもて、見あやまる人少からず。性合よほど異なるものなれど、染などしたるにて、更によく似たり」
② 性質が合うこと。相性がよいこと。
③ 貨幣の素材の割合、品位のこと。
※開化問答(1874‐75)〈小川為治〉二「通用金の性合(シャウアヒ)をして一様に純精ならしむる事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android