コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性解放 せいかいほうsex liberation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

性解放
せいかいほう
sex liberation

不当に抑圧されていた人間をより自由に解き放つことで,前近代的・非人間的な扱いや,現代的な疎外から人間を解放することも含む。性の抑圧は固定的な社会通念によって行なわれ,それが性に対する異常な好奇心劣等感を醸成し,人間を不健全で不自然な状態に陥れているとし,そのため性の通念を変革することで性が解放されるはずであると考えられた (性革命) が,現在では既成概念打破という表層的な性革命によっては真の性解放を成し遂げることはできないと考える人も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

性解放の関連キーワードシャロット・パーキンス・ステットソン ギルマンエドワード カーペンターアミーリア ブルーマーヌーディスト・クラブK.M. ミレットつめかみ(爪かみ)ソフィア ナデジデウルストンクラフト中華全国婦女聯合会セネカフォールズ女性の権利の擁護アンファンタンベルタ ルッツマルグリット平塚らいてうフェミニストボーボアール女性解放運動ブルーマーズツェトキーン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

性解放の関連情報