社会通念(読み)しゃかいつうねん

精選版 日本国語大辞典「社会通念」の解説

しゃかい‐つうねん シャクヮイ‥【社会通念】

〘名〙 社会一般に広く行きわたっている考え方。
※石中先生行状記(1949‐50)〈石坂洋次郎〉三部「従来の社会通念からすれば、目まひがしさうに飛躍した新制度である男女共学が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「社会通念」の解説

しゃかい‐つうねん〔シヤクワイ‐〕【社会通念】

社会一般に通用している常識または見解。法の解釈や裁判調停などにおいて、一つの判断基準として用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android