コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江朝綱 おおえのあさつな

7件 の用語解説(大江朝綱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大江朝綱
おおえのあさつな

[生]仁和2(886)
[没]天徳1(957).12.28. 京都
平安時代中期の漢詩人。参議。祖父音人 (おとんど) 以来の学業を継ぎ,博学多才で詩文の誉れが高かった。当時の詔勅や辞表などはほとんど彼の手に成ったといわれ,また書道にもすぐれていた。詩は艶麗優美で後世の手本にされ,また朗詠を通して人々に親しまれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおえ‐の‐あさつな〔おほえ‐〕【大江朝綱】

[886~957]平安中期の学者。音人(おとんど)の孫。文章博士(もんじょうはかせ)。参議。祖父音人を江相公と称するのに対し、後江相公という。著「後江相公集」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大江朝綱 おおえの-あさつな

886-958* 平安時代中期の公卿(くぎょう),漢詩人。
仁和(にんな)2年生まれ。大江音人(おとんど)の孫。文章(もんじょう)博士,左大弁などをへて天暦(てんりゃく)7年(953)参議にすすむ。撰国史所別当となり,「新国史」を撰進した。詩文は菅原文時と並び称され,「本朝文粋」「和漢朗詠集」などに多数おさめられている。書にもすぐれた。天徳元年12月28日死去。72歳。通称は後江相公。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大江朝綱

没年:天徳1.12.28(958.1.20)
生年:仁和2(886)
平安中期の学者,漢詩人。玉淵の子。江相公と号した音人の孫で,後江相公と称された。延喜11(911)年に文章生となり,次いで丹波,信濃ほかの地方官や刑部少丞,民部大丞,左少弁など太政官の下役を歴任し,承平4(934)年に文章博士を兼ねた。さらに天暦7(953)年に参議,正四位下に至った。博学多才で作詩や書をよくし,その詩文は『扶桑集』『和漢朗詠集』『本朝文粋』『本朝文集』ほかに収録される。自筆本に漢学者・紀長谷雄の漢詩文集『紀家集』(宮内庁保管)が知られ,また有名な「屏風土代」(宮内庁保管)は,朝綱の作になる詩を小野道風が下書したもの。家集『後江相公』や作詩の参考書『倭注切韻』も存したが,散逸してしまい伝わらない。

(古谷稔)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおえのあさつな【大江朝綱】

886‐957(仁和2‐天徳1)
平安時代の漢詩人,書家。音人(おとんど)の孫。文章博士,参議に列し,維時(これとき)とともに文章道大江家を確立した。渤海使餞送詩序の名句〈前途程遠し〉,長男の死を悼む《亡息澄明願文》などが名高い。再度,内裏屛風詩を作り,一つは小野道風筆の屛風土代(どだい)としてのこり,一つは坤元詩録として《和漢朗詠集》にみえる。音人の江相公に対し後江相公(のちのごうしようこう)といわれ,《後江相公集》や,《新国史》の撰進もあるが,今は伝わらない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおえのあさつな【大江朝綱】

886~957) 平安中期の学者。音人おとんどの孫。後江相公と称される。参議。村上天皇の勅を受けて「新国史」「坤元録」を編纂へんさん。著「後江相公集」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大江朝綱
おおえのあさつな
(886―957)

平安中期の文人。音人(おとんど)の孫、玉淵(たまぶち)の子。維時(これとき)は従弟。後江相公(のちのごうしょうこう)と称された。大学寮を経て、おもに弁官を歴任、その間文章博士(もんじょうはかせ)にも任じ、参議に上る。954年(天暦8)撰(せん)国史所別当となり『新国史』の編纂(へんさん)に携わる。正四位下に至り、天徳(てんとく)元年12月28日没。10世紀前半の代表的文人で、元号の勘申(かんじん)、詔勅・上表・詩序の制作などに活躍し、学問の世界における大江氏の地位の確立に大きく寄与した。書にも優れる。著作に『後江相公集』『倭注切韻(わちゅうせついん)』があったが散逸。詩文は『扶桑(ふそう)集』『類聚(るいじゅう)句題抄』『本朝文粋(ほんちょうもんずい)』その他に多く残る。『本朝文粋』『和漢朗詠集』にはそれぞれ第1位、第3位の編数の入集(にっしゅう)があり、後の時代に愛好されたことを物語る。[後藤昭雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大江朝綱の言及

【新国史】より

…《日本三代実録》に次ぐ。936年(承平6)から969年(安和2)にかけて撰国史所が置かれ,大江朝綱らが別当として史書の編纂にあたったことが知られるが,未定稿のままに終わったとみられる。12世紀の《通憲入道蔵書目録》等に見え,宇多・醍醐天皇代40巻のものと,朱雀天皇代の記事を加えた50巻のものとがあったらしい。…

【屛風土代】より

…道風の署名はないが,奥書に藤原定信が保延6年(1140)にこの書を入手した際に記した識語がある。それによると本書は,延長6年(928)道風が勅命によって,宮中の屛風に書写したときの下書きで,大江朝綱の詩を書いたもの。この鑑定の内容は,《日本紀略》の記事とも合致し,本書は道風の真筆とされる。…

【本朝文粋】より

…兼明や順に見られる藤原氏専制下における批判は,和歌や日本語散文の世界よりも漢文学の世界に現れるのは注目すべきところである。紀長谷雄(きのはせお)《貧女吟》は深窓に養われた美女もいまや老いて病む貧しい独居生活を描写し,大江朝綱(あさつな)《男女婚姻賦》はポルノグラフィックな戯文としてともに異色の作。巻二は詔,勅書,勅答,位記,勅符,官符,太政官符,意見封事など公文書の類,実用的文例を収める。…

※「大江朝綱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大江朝綱の関連キーワード入江相尚入江相永扶桑集相公岳玉淵橘正通藤原敦宗藤原成季江相公後江相公

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone