コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南史 なんしNan-shi; Nan-shih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南史
なんし
Nan-shi; Nan-shih

中国,南朝 (→南北朝) の宋,斉,梁,陳4王朝を通観した正史。 80巻。唐の李延寿撰。その別著の『北史』と対応する。史料的には南朝のそれぞれの王朝の正史と比べると,簡明に整理されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なんし【南史】

中国、二十四史の一。の李延寿撰。高宗(649~683)の時に成立。南朝の4代の史書を1書に編纂(へんさん)しなおしたもの。本紀10巻、列伝70巻から成り、全80巻。→北史

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なんし【南史 Nán shǐ】

中国,南朝の歴史をあつかう正史。本紀10巻,列伝70巻。北朝の歴史をあつかう《北史》(本紀12巻,列伝88巻)とともに初唐の李延寿が父の李大師(570‐628)の遺志をついで完成した。《南史》は《宋書》《斉書》《梁書》《陳書》を,《北史》は《魏書》《北斉書》《周書》《隋書》をそれぞれ簡略にまとめるとともに,いくらか他の材料も用いている。もとづくところの8種の正史よりひろく読まれたのは,叙述が簡略であることのほか,一族の人物を王朝の興亡とかかわりなく1ヵ所にまとめて記述する家伝の方法を用いたことが,南北朝時代の門閥貴族社会の実情をよく伝ええたからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なんし【南史】

中国、二十四史の一。南朝(宋・斉・梁・陳)の史書。八〇巻。唐の李延寿撰。高宗の治世(649~683)に完成。本紀一〇巻・列伝七〇巻。 → 北史

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

南史の関連キーワードチャン・チョン・キムチャン・チョン・キム二十二史箚記二十二史考異山本 達郎十七史商榷人中の騏驥野口 秀並池田 桃川山本達郎倭の五王雄略天皇八斗の才一衣帯水二十一史燭寸の詩臨機応変金甌無欠十七史原松洲

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南史の関連情報