怪石(読み)カイセキ

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐せき クヮイ‥【怪石】

〘名〙
① 形の非常に変わった石。
※本朝麗藻(1010か)下・竹生島詩〈高階積善〉「老松古栢相重挿。恠石寄巖似頽」
※海道記(1223頃)逆川より鎌倉「山の峯、童にて貴からずといへども、怪石双び居て興なきに非ず」 〔書経‐禹貢〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

怪石の関連情報