コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恋忘れ草 コイワスレグサ

デジタル大辞泉の解説

こいわすれ‐ぐさ〔こひわすれ‐〕【恋忘れ草】

《恋の切なさ、苦しさを忘れさせる草の意》萱草(かんぞう)の別名。
「わが宿は甍(いらか)しだ草生ひたれど―見るにいまだ生ひず」〈・二四七五〉
[補説]書名別項。→恋忘れ草

こいわすれぐさ【恋忘れ草】[書名]

北原亜以子短編小説江戸時代の女絵師が主人公。平成5年(1993)刊行同年、第109回直木賞受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こいわすれぐさ【恋忘れ草】

恋を忘れさせるという草。萱草かんぞうの異名。 「 -見るにいまだ生ひず/万葉集 2475

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

恋忘れ草の関連キーワード北原亞以子才木清英池谷尚史万葉集忘れ草

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android