萱草(読み)カンゾウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぞう〔クワンザウ〕【×萱草】

ユリ科ヘメロカリス属(ワスレグサ属)の多年草の総称。ノカンゾウヤブカンゾウニッコウキスゲユウスゲなど。葉は刀身状。夏、黄や橙(だいだい)色のユリに似た大きい花を数個開き、1日でしぼむ。多くの園芸品種や近縁種もある。けんぞう。 夏》「湯治場や黄なる―得て帰る/子規

けん‐ぞう〔‐ザウ〕【×萱草】

かんぞう(萱草)

わすれぐさ【萱草】

宗祇による自撰連歌集。文明6年(1474)成立。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんぞう【萱草】

ユリ科ワスレグサ属植物の総称。日当たりのよい、やや湿った地に生える。葉は二列に叢生し、広線形。夏、花茎を出し、紅・橙だいだい・黄色のユリに似た花を数輪開く。若葉は食用になる。日本に自生する種にノカンゾウ・ヤブカンゾウ・キスゲ・ニッコウキスゲなどがある。 〔「萱草の花」は [季] 夏〕
萱草色かんぞういろ」に同じ。 「 -など澄みたる色を着て/源氏 手習

けんぞう【萱草】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

萱草 (カンゾウ)

植物。ユリ科の園芸植物。ホンカンゾウの別称

萱草 (ワスレグサ・カンゾウ)

学名:Hemerocallis fulva var.kwanso
植物。ユリ科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐ぞう クヮザウ【萱草】

〘名〙 (「かんぞう」の撥音「ん」の無表記)
※林崎文庫旧蔵本堤中納言(11C中‐13C頃)はなだの女御「くゎさうにぞにさせ給へる」
② 「かんぞういろ(萱草色)」のこと。

かん‐ぞう クヮンザウ【萱草】

〘名〙
① ユリ科の多年草。主としてヤブカンゾウをさし、時に同属のノカンゾウ、ハマカンゾウ、ニッコウキスゲ等をも含む。各地の原野、山地などに広く分布し、夏に、橙赤色ないし橙黄色のユリに似た花を数個つける。若芽や花は食用になる。
▼かんぞうの花《季・夏》
※延喜式(927)三七「供殖薬様廿五種麻黄。丹参。地黄。黄芩。奄閭。萱草」
※枕(10C終)一六一「前栽にくゎんざうといふ草を、ませ結ひていとおほく植ゑたりける」
※源氏(1001‐14頃)葵「くゎむざうの袴など着たるもをかしき姿也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

萱草の関連情報