コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萱草 カンゾウ

5件 の用語解説(萱草の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぞう〔クワンザウ〕【×萱草】

ユリ科ヘメロカリス属(ワスレグサ属)の多年草の総称。ノカンゾウヤブカンゾウニッコウキスゲユウスゲなど。葉は刀身状。夏、黄や橙(だいだい)色のユリに似た大きい花を数個開き、1日でしぼむ。多くの園芸品種や近縁種もある。けんぞう。 夏》「湯治場や黄なる―得て帰る/子規

けん‐ぞう〔‐ザウ〕【×萱草】

かんぞう(萱草)

わすれぐさ【萱草】

宗祇による自撰連歌集。文明6年(1474)成立。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんぞう【萱草】

ユリ科ワスレグサ属植物の総称。日当たりのよい、やや湿った地に生える。葉は二列に叢生し、広線形。夏、花茎を出し、紅・橙だいだい・黄色のユリに似た花を数輪開く。若葉は食用になる。日本に自生する種にノカンゾウ・ヤブカンゾウ・キスゲ・ニッコウキスゲなどがある。 〔「萱草の花」は [季]夏〕
萱草色かんぞういろ 」に同じ。 「 -など澄みたる色を着て/源氏 手習

けんぞう【萱草】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

萱草の関連情報