恋路ゆかしき大将物語(読み)こいじゆかしきだいしょうものがたり

世界大百科事典 第2版の解説

こいじゆかしきだいしょうものがたり【恋路ゆかしき大将物語】

鎌倉後期ころ成立の王朝風物語。それぞれ残欠本である金子武雄蔵本4巻と桂宮本1巻とを合わせて一つの完本に近くなるが,この両本以外には世に伝本がない。宮廷を中心とした男女の恋物語で,構想その他《いはでしのぶ物語》をまねたところが多い。前半は3人の貴公子の華やかな得恋物語なのに対し,後半は1人の貴公子の悲恋物語に転じ,ややまとまりを欠く。文章は流麗である。【松尾 聡】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android