恩地三保子(読み)おんち みほこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恩地三保子 おんち-みほこ

1917-1984 昭和時代後期の翻訳家。
大正6年2月12日生まれ。恩地孝四郎の娘。昭和22年から東京のアメリカ第八軍教育本部に勤務。退職後,26年ごろから英米のミステリー児童文学の翻訳をおこなった。昭和59年12月27日死去。67歳。東京出身。東京女子大卒。訳書ワイルダー「大草原の小さな家」,オールコット若草物語」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android