恩地孝四郎(読み)おんちこうしろう

日本大百科全書(ニッポニカ)「恩地孝四郎」の解説

恩地孝四郎
おんちこうしろう
(1891―1955)

版画家。東京に生まれる。1910年(明治43)東京美術学校西洋画科に入学、一時彫刻科に転じ、のち中退。在学中の14年(大正3)田中恭吉らと詩と木版画の同人誌『月映(つくはえ)』を創刊し、日本最初の抽象作風を試みた。16年室生犀星(むろうさいせい)、萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)らと同人誌『感情』を創刊し、その装丁も手がけた。装本図案の分野でも大いに活躍する。18年日本創作版画協会が発足して会員となり、31年(昭和6)日本版画協会の創設に際して常務委員となる。官展出品のほか、36年国画会版画部に会員として加わる。第二次世界大戦後サンパウロ・ビエンナーレ展ほかに出品、日本版画の国際的進出に貢献した。抽象、具象の両系列があり、『ポエム』『フォルム』『アレゴリー』『リリック』『オブジェ』ほかのシリーズ制作が多い。『日本の現代版画』ほか多数の著書がある。

[小倉忠夫]

『『恩地孝四郎版画集』『恩地孝四郎版画集 補遺』(1977、78・形象社)』『『恩地孝四郎詩集』(1977・六興出版)』『恩地邦郎編『恩地孝四郎 装本の業』(1984・三省堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「恩地孝四郎」の解説

おんち‐こうしろう【恩地孝四郎】

木版画家。東京生まれ。日本版画協会を設立。装丁美術にすぐれた。国画会会員。明治二四~昭和三〇年(一八九一‐一九五五

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「恩地孝四郎」の解説

恩地孝四郎
おんちこうしろう

[生]1891.7.2. 東京
[没]1955.6.3. 東京
木版画家。白馬会洋画研究所,東京美術学校西洋画選科および彫刻選科に学び,竹久夢二に私淑し画集の装丁も手がけた。 1914年田中恭吉や藤森静雄らと詩と版画の同人誌『月映 (つくばえ) 』を発刊。 18年山本鼎らと日本創作版画協会を,31年には日本版画協会を結成して,版画地位向上と普及に大きな役割を果した。単純明快な抽象的構成のうちに,抒情的な世界を表出する作風で知られた。第2次世界大戦後はサンパウロビエンナーレなどに出品した。主要作品『静物』 (1923) ,『春の (ポエム No.3) 』 (44) 。主著『日本の現代版画』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「恩地孝四郎」の解説

恩地孝四郎【おんちこうしろう】

木版画家。東京生れ。竹久夢二に私淑し,夢二画集の装丁を手がける一方,と版画の同人誌《月映(つくはえ)》,萩原朔太郎室生犀星らの《感情》創刊に参加。病した親友の田中恭吉から朔太郎の《月に吠える》の装丁を引き継ぎ完成させた。また,犀星の《愛の詩集》の装丁なども担当し,ドイツ表現主義の影響を受けて前衛的創作版画の先駆をなした。1918年日本創作版画協会の創立,1931年の日本版画協会に参加。
→関連項目感情(雑誌)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「恩地孝四郎」の解説

恩地孝四郎 おんち-こうしろう

1891-1955 大正-昭和時代の版画家,装本家。
明治24年7月2日生まれ。抽象木版画の先駆者。竹久夢二と親交をむすび,大正3年同人誌「月映(つくばえ)」を創刊する。日本創作版画協会,日本版画協会の創立に参加。萩原朔太郎の「月に吠える」や「北原白秋全集」などの装丁も手がけた。昭和30年6月3日死去。63歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)中退著作に「本の美術」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「恩地孝四郎」の解説

おんち‐こうしろう〔‐カウシラウ〕【恩地孝四郎】

[1891~1955]版画家。東京の生まれ。詩と版画の同人誌「月映(つくはえ)」を刊行し、木版画による抽象作品の分野を開拓

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「恩地孝四郎」の解説

おんちこうしろう【恩地孝四郎】

1891‐1955(明治24‐昭和30)
版画家,詩人,装本家。東京に生まれる。東京美術学校中退。竹久夢二に私淑,ドイツ表現派,ムンク,カンディンスキーの影響を受けた。1914年,詩と版画の同人誌《月映(つくはえ)》を創刊,同誌上に抽象木版画を発表し,以来終生,日本の抽象美術の先駆者として生きた。17年萩原朔太郎詩集《月に吠える》の挿絵,装丁をして以後,多数の装本を生業とし,28年《北原白秋全集》の装本によって装本家の地位を確立した。日本創作版画協会,日本版画協会の創立に参加し,大正・昭和期を通じ,日本の近代版画の確立と普及,版画家の育成と国際美術展への参加等,版画界の発展に尽力した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の恩地孝四郎の言及

【月に吠える】より

…詩56編,北原白秋と萩原自身の序文,室生犀星の跋文。田中恭吉,恩地孝四郎の版画15点を挿入。1914年後半から15年前半までの約1年間に爆発的に制作された作品が主体をなす。…

【モノタイプ】より

…とくに現代では版画というよりも造形的表現手段の一つとなっている。 1点制作という点で,モノタイプを広義にとらえれば,H.セーヘルスの,1点ずつ版や色を変えた色刷版画や,シュルレアリストの用いたフロッタージュデカルコマニー,あるいは版画に網,布片,紐などを置いて,それを台材に写し取らせる方法(例えば恩地孝四郎の作品)や墨流しもモノタイプといえる。【坂本 満】。…

※「恩地孝四郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android