コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恩地左近 おんち さこん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恩地左近 おんち-さこん

?-? 南北朝時代の兵法家,神職。
河内(かわち)(大阪府)恩地神社祠官。元徳3=元弘(げんこう)元年(1331)楠木正成(まさしげ)にしたがい,河内赤坂城に籠城(ろうじょう)して幕府軍とたたかう。建武(けんむ)元年紀伊(きい)飯盛山の攻撃には先鋒として活躍。建武3=延元元年父正成とわかれた正行(まさつら)をともなって河内にかえった。「軍用秘術聴書」「楠兵記」などの楠木流兵法の伝書をのこした。名は正俊。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

恩地左近の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android