恩地左近(読み)おんち さこん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恩地左近 おんち-さこん

?-? 南北朝時代の兵法家,神職。
河内(かわち)(大阪府)恩地神社祠官。元徳3=元弘(げんこう)元年(1331)楠木正成(まさしげ)にしたがい,河内赤坂城に籠城(ろうじょう)して幕府軍とたたかう。建武(けんむ)元年紀伊(きい)飯盛山の攻撃には先鋒として活躍。建武3=延元元年父正成とわかれた正行(まさつら)をともなって河内にかえった。「軍用秘術聴書」「楠兵記」などの楠木流兵法の伝書をのこした。名は正俊。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android