コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恬淡/恬澹/恬惔 テンタン

デジタル大辞泉の解説

てん‐たん【×恬淡/××澹/××惔】

[名・形動]欲が無く、物事に執着しないこと。また、そのさま。「名利に―な人」「無欲―」
[ト・タル][文][形動タリ]に同じ。「―とした味を持つ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

恬淡/恬澹/恬惔の関連キーワード嘆・丹・単・反・單・嘆・坦・憚・憺・担・探・擔・旦・歎・淡・湍・湛・炭・疸・痰・短・站・端・箪・簞・綻・緞・耽・胆・膽・蛋・誕・譚・貪・鍛典・填・塡・天・奠・展・店・恬・殿・添・点・甜・癲・篆・纏・転・轉・顛・顚・點中村 芝翫(4代目)東 千代之介遠藤 隆吉池野成一郎末永純一郎勝俣銓吉郎八田達也スクリバ菅原是善内藤丈草内藤鳴雪春澄善縄莫友芝孟浩然名人肌高山寺物事無欲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android