コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テン

デジタル大辞泉の解説

てん【×恬】

[ト・タル][文][形動タリ]気にかけないで平然としているさま。「として恥じない」「として顧みない」

てん【恬】[漢字項目]

[音]テン
外のものに心を動かされず落ち着いている。「恬然恬淡

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てん【恬】

( 形動タリ )
平然としているさま。多く「恬として」の形で用いる。 → てんとして

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

恬の関連キーワード典・填・塡・天・奠・展・店・恬・殿・添・点・甜・癲・篆・纏・転・轉・顛・顚・點秦の時代(年表)万里の長城珍子内親王述子内親王恬子内親王秦二世皇帝勝俣銓吉郎杉百合之助内藤鳴雪柴田剛中在原業平春澄善縄内藤丈草恬として頭曼単于高階師尚伊沢蘭軒莫友芝紀静子

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恬の関連情報