コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵勝 えしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恵勝 えしょう

?-? 奈良時代の僧。
大和(奈良県)大安寺で修行。宝亀(ほうき)(770-780)のころ,近江(おうみ)(滋賀県)の三上山陀我(だが)神社にとまる。しろい猿があらわれ,「昔東天竺(とうてんじく)の王であったとき,許しもなくになることを禁止したため,このような猿神になってしまった。法華経をよんでこの苦しみからのがれさせてほしい」とたのまれたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

恵勝の関連キーワード奈良時代本居勝

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恵勝の関連情報