コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大安寺 だいあんじ

7件 の用語解説(大安寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大安寺
だいあんじ

奈良市大安寺町にある寺。南都七大寺の一つ。平城遷都に際し,大官大寺を飛鳥から移して大安寺と称したもので,造営には道慈が唐の新様式を取入れたと伝えられる。南大門外に東西両塔を配した大伽藍であったが,中世以後衰え,古い建物はまったく残っていない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だいあん‐じ【大安寺】

奈良市大安寺町にある高野山真言宗別格本山南都七大寺の一。推古天皇25年(617)聖徳太子の発願で建立された熊凝精舎(くまごりしょうじゃ)に始まると伝え、その後、十市郡に移り百済(くだら)大寺、高市郡に移り高市大寺、のち大官大寺と改称。霊亀2年(716)平城京に移り、大安寺となった。奈良時代三論宗の根本道場として道慈などが活躍。東大寺に次ぐ大寺で、南大寺とも称された。中世以降、衰微。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大安寺【だいあんじ】

奈良市大安寺にある高野山真言宗(古くは三論宗)の寺。本尊十一面観音。南大寺,大寺(おおてら)とも。639年百済河畔に建立された百済大寺に始まり,674年現在の明日香(あすか)村に移して高市(たけち)大寺と称し,九重塔を建て大官大寺(だいかんおおてら)と改称。
→関連項目縁起物寺社縁起大安[町]大官大寺

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

大安寺

奈良県奈良市にある寺院。創建は716年。宗派は高野山真言宗、本尊は十一面観音。癌封じの寺として知られる。南都七大寺のひとつ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だいあんじ【大安寺】

奈良市にある真言宗の寺。南都七大寺の一つ。639年(舒明11)十市郡の百済(くだら)川のほとりに建てられた百済大寺に始まり,673年(天武2)高市郡に移って高市(たけち)大寺と称し,677年大官大寺と改称。さらに平城遷都の際,716年(霊亀2)左京六条四坊に移転し,大安寺と名を変えた。造営には遣唐留学僧の道慈が参与し,長安の西明寺モデルにしたといわれ,東大寺西大寺と並んで南大寺とも称された。伽藍の大きさや資産は,747年(天平19)の《大安寺伽藍縁起幷流記資財帳》に詳しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だいあんじ【大安寺】

奈良市にある真言宗の寺。南都七大寺の一。617年聖徳太子が現在の大和郡山市に建立した熊凝くまごり精舎に始まるという。のち百済くだら川のほとりに移り百済大寺、さらに高市たけち郡に移り高市大寺(のちに大官大寺と改称)と称した。平城遷都後、左京六条四坊の現在地に移り、現名に改称。東大寺と並ぶ大寺で南大寺と呼ばれたが、その後衰微。天平後期の大安寺様式と称する仏像群を残す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大安寺の言及

【寺院建築】より

…創建伽藍は百済式で,三面僧房が中門の東西方まで延びて中門とは回廊で連結する。この形式は唐の西明寺を模したと伝えられる日本の大安寺伽藍と類似する点で興味深い。
[新羅]
 新羅は唐と結んで660年に百済を,668年に高句麗を滅ぼして半島を統一した。…

【奈良時代美術】より

…これらが天智朝創建時のものとすれば,最新の様式が流入していたと考えられ,新様式受容の迅速さに驚かされる。このほか668年(天智7)百済大寺に乾漆丈六釈迦像が造られたことが《大安寺伽藍縁起幷流記資財帳》より知れるが,乾漆像として日本最古の史料であり,天平時代に盛行する乾漆技術が,すでに天智朝にその成果を結実していたのである。
[量産化の原点]
 前代の木彫像や金銅像に対して,塑像,塼仏,乾漆像などがにわかに登場するのは何を意味するのであろうか。…

【南都七大寺】より

…677年(天武6)の大官大寺に始まる大寺制は,四大寺,五大寺と発展し,756年(天平勝宝8)5月に七大寺の名が初見する。8世紀後半に西大寺が創建されるに及んで,東大寺,大安寺,興福寺,元興(がんごう)寺,薬師寺,法隆寺,西大寺を七大寺と称するにいたった。大寺の造営にはそれぞれ官営の造寺司を設けてことに当たり,経営維持のため莫大な封戸・荘地が施入され,別当や三綱が寺・寺僧の運営指導に当たった。…

※「大安寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大安寺の関連キーワード元興寺西大寺南都七大寺医王寺七大寺南都古瓦奈良県奈良市西大寺芝町奈良県奈良市大安寺奈良県奈良市中町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大安寺の関連情報