コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿神 サルガミ

3件 の用語解説(猿神の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さる‐がみ【猿神】

猿を神または眷属(けんぞく)神として祭るもの。猿は山の神日吉(ひえ)神社の使者とされた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さるがみ【猿神】

猿を神としてまつったもの。また、日吉ひえ神社や山の神の使いとしてまつられたものもある。人身御供ひとみごくうをとる神として説話が多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猿神
さるがみ

猿を神もしくはその眷属(けんぞく)として敬い祀(まつ)るもの。猿はその形態が人間に似ているところから、古くから山の神として信じられてきた。『今昔物語集』巻26には美作(みまさか)(岡山県)や飛騨(ひだ)(岐阜県)の猿神に生贄(いけにえ)を供える風習の説話がある。昔話「猿神退治」も、人身御供(ひとみごくう)を要求した猿神を旅人が退治した話である。猿を神と考えた地方は多く、山王権現(さんのうごんげん)は猿を神の使者としている。また庚申(こうしん)信仰と結び付いて三猿の石像として祀っている地方も多い。あるいは、厩(うまや)の守護神として猿駒(さるこま)引きの絵馬を掲げる風習もある。河童(かっぱ)もエンコウとよび、猿との関係は深い。[渡邊昭五]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猿神の関連キーワード章于猿回し猿公送り猿祈雨狙公靭猿猿幟弾き猿靱猿

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

猿神の関連情報