コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵比須回し エビスマワシ

デジタル大辞泉の解説

えびす‐まわし〔‐まはし〕【恵比須回し】

近世、初春の祝福芸として、首にかけた箱の中で、恵比須の人形を舞わせて見せた大道芸人。摂津国西宮の夷宮(兵庫県西宮神社)をその根拠地とした。えびすかき。えびすまい。 新年》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えびすまわし【恵比須回し】

傀儡師かいらいしの一。兵庫の西宮の恵比寿神社を根拠地に、家々を回って首にかけた箱の中の恵比須人形を操って見せた芸人。のちに浄瑠璃と結んで浄瑠璃操りとなった。えびすかき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

恵比須回しの関連キーワード恵比須舁き首掛芝居恵比須舞恵比須舁浄瑠璃