初春(読み)ショシュン

  • はつはる

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 春のはじめ。はつはる。《季・新年‐春》
※懐風藻(751)「五言。初春在竹渓山寺長王宅宴追致辞」
※俳諧・芭蕉真蹟懐紙‐酒に梅(1685)「初春先づ酒に梅売にほひかな」 〔傅玄‐又答程暁詩〕
② 陰暦正月の称。孟春。《季・新年》 〔俳諧・改正月令博物筌(1808)〕 〔梁元帝纂要〕
〘名〙 春の初め。しょしゅん。新春。新年。《季・新年》
※万葉(8C後)二〇・四五一六「新(あらた)しき年の始めの波都波流(ハツハル)の今日降る雪のいや重け吉事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android