コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵萼 えがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恵萼 えがく

?-? 平安時代前期の僧。
承和(じょうわ)の初め,橘嘉智子の命をうけ唐(とう)(中国)にわたり,五台山に袈裟(けさ)などを寄進。承和14年(847)日本に禅をひろめるため義空をともない帰国。斉衡(さいこう)年間にふたたび唐にいき,帰途,浙江省(せっこうしょう)舟山列島の補陀(ふだ)山に補陀洛山寺(のちの普済寺)をひらき,その地にとどまったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android