コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵萼 えがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恵萼 えがく

?-? 平安時代前期の僧。
承和(じょうわ)の初め,橘嘉智子の命をうけ唐(とう)(中国)にわたり,五台山に袈裟(けさ)などを寄進。承和14年(847)日本に禅をひろめるため義空をともない帰国。斉衡(さいこう)年間にふたたび唐にいき,帰途,浙江省(せっこうしょう)舟山列島の補陀(ふだ)山に補陀洛山寺(のちの普済寺)をひらき,その地にとどまったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android