コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普済寺 ふさいじ

3件 の用語解説(普済寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普済寺
ふさいじ

東京都立川市にある臨済宗建長寺派の寺。文和4 (1355) 年,武蔵七党の1つ西党から出た立川宮内少輔宗恒を開基,建長寺 36世物外可什 (もつがいかじゅう) を開山として創建。立川一族滅亡後,その館跡に移転された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふさい‐じ【普済寺】

東京都立川市にある臨済宗建長寺派の寺。山号は、玄武山。開創は正平8=文和2年(1353)、開山は物外可什(もつがいかじゅう)。正平16=延文6年(1361)銘の石幢(せきどう)は国宝。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

普済寺
ふさいじ

東京都立川(たちかわ)市柴崎(しばざき)町にある臨済(りんざい)宗建長寺派の寺。玄武山(げんぶさん)と号する。1353年(正平8・文和2)立川一帯の領主立川宮内少輔(くないしょうゆう)宗恒(むねつね)が鎌倉建長寺から物外可什(もつがいかじゅう)を招いて開山として建立。立川氏の庇護(ひご)のもとに栄え、1363年(正平18・貞治2)ごろより約40年にわたり普済寺版大乗経典を刊行した。その後、高幡(たかはた)城主平重能(しげたか)、北条氏の外護(げご)があり、1691年(元禄4)までに方丈、仏殿、山門、庫裡(くり)、鐘楼、塔頭(たっちゅう)が復興された。寺宝には、1361年(正平16・康安1)物外の弟子性了(しょうりょう)が建立した六面石幢(せきどう)(国宝)や板碑がある。1995年(平成7)火災で本殿などを消失、国指定重要文化財であった、1370年(建徳1・応安3)啓端(けいたん)・性了などが造立した開山物外和尚坐像(おしょうざぞう)は翌年指定を解除された。[菅沼 晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

普済寺の関連キーワード明月院東京都立川市曙町東京都立川市泉町東京都立川市柏町東京都立川市幸町東京都立川市栄町東京都立川市柴崎町東京都立川市砂川町東京都立川市富士見町東京都立川市緑町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

普済寺の関連情報