コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘嘉智子 たちばなのかちこ

7件 の用語解説(橘嘉智子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

橘嘉智子
たちばなのかちこ

[生]延暦5(786).京都
[没]嘉祥3(850).5.4. 京都
嵯峨天皇の皇后。父は贈太政大臣橘清友,母は田口氏。嵯峨天皇が親王のとき妃となり,天皇即位後の弘仁6 (815) 年皇后となった。仁明天皇および淳和天皇の皇后 (正子内親王) の生母となる。皇后は仏法を信じ,多くの仏具を作り,僧をつかわして唐の寺院,僧侶に喜捨した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たちばな‐の‐かちこ【橘嘉智子】

[786~850]嵯峨天皇の皇后。仏法への信仰があつく、京都嵯峨に檀林寺を建てたので、世に檀林皇后という。橘氏の私学として学館院を設立。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

橘嘉智子【たちばなのかちこ】

嵯峨天皇の皇后。橘清友(きよとも)の娘。容姿美しく,仏教を信仰。京都に檀林寺を建立して檀林皇后と呼ばれ,学館院を建てた。
→関連項目橘氏仁明天皇

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘嘉智子 たちばなの-かちこ

786-850 平安時代前期,嵯峨(さが)天皇の皇后。
延暦(えんりゃく)5年生まれ。橘清友の娘。弘仁(こうにん)6年皇后となり,仁明(にんみょう)天皇,正子内親王(淳和(じゅんな)天皇の皇后)らを生む。天皇譲位ののち皇太后,太皇太后となり,京都嵯峨に檀林寺を建立して檀林皇后とよばれた。兄橘氏公(うじきみ)とともに一族のための学館院を設立。嘉祥(かしょう)3年5月4日死去。65歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たちばなのかちこ【橘嘉智子】

786‐850(延暦5‐嘉祥3)
嵯峨天皇の皇后。檀林皇后とも称された。内舎人(うどねり)橘清友を父とし,田口氏を母として生まれる。嵯峨天皇の夫人となり,仁明天皇,正子内親王(淳和天皇の皇后)らを生む。夫嵯峨天皇の譲位後,ともに冷然院(冷泉院),嵯峨院に住み,とくに842年(承和9)夫の死後太皇太后として重きをなした。離宮朱雀(すざく)院を経営し,檀林寺を創建し,橘氏の子弟のため大学別曹学館院(学宦院)(がつかんいん)を設立するなどのことがあり,勢威は後漢の鄧皇后に比べられたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たちばなのかちこ【橘嘉智子】

786~850) 嵯峨天皇の皇后。内舎人橘清友の女むすめ。京都嵯峨に檀林寺を建立したので檀林皇后と呼ばれる。私学学館院を開設。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橘嘉智子
たちばなのかちこ
(786―850)

嵯峨(さが)天皇の皇后。内舎人(うどねり)橘清友(きよとも)(贈太政(だいじょう)大臣正一位)の女(むすめ)。嵯峨天皇の親王時代に妃となり、即位後815年(弘仁6)皇后に冊立、823年譲位に際して皇太后、自分の生んだ仁明(にんみょう)天皇が即位した833年(天長10)以後は太(たい)皇太后として尊ばれた。容姿美しく穏和で仏教を深く信じ、京都西郊の嵯峨に壮麗な檀林(だんりん)寺を建立。ここで唐僧義空(ぎくう)に禅書を講じさせたので檀林皇后とよばれた。日本で禅が唱えられた初めといわれるが、これは、皇后が宝幡(ほうばん)や繍文袈裟(しゅうもんげさ)などの仏具を多くつくり、僧慧萼(えがく)を遣わして唐の寺院や僧侶(そうりょ)に喜捨(きしゃ)したことによる。また弟の右大臣橘氏公(うじきみ)と議して学館院(がっかんいん)を開き、一族子弟の学舎とした。仁明天皇の没後まもなく嘉祥(かしょう)3年5月4日、65歳で薨(こう)じた。陵墓は京都市右京区嵯峨の嵯峨陵。[谷口 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の橘嘉智子の言及

【学館院】より

…学官院,学宦院とも記す。檀林皇后橘嘉智子が弟の右大臣橘氏公(うじきみ)とはかって建てたもので,一族の大学生の寄宿勉学のために,承和年間(834‐848)の末年ごろ設立したと思われる。場所は右京二条西大宮辺であったというが,その規模や活動の状況は不明である。…

【嵯峨院】より

…823年(弘仁14)に譲位した後,834年(承和1)嵯峨院内に新造御所を造営し,それまで後院(ごいん)としていた冷泉院からここに移り,8年後の842年にここで没した。その間,皇后の橘嘉智子も同居した。なお,嘉智子が建立した檀林寺も嵯峨にあった。…

【朱雀院】より

…創始は嵯峨天皇が譲位後の御所として造営したものと考えられる。文献上の初見は836年(承和3)で,仁明天皇が京内の空閑地200余町を生母,橘嘉智子の朱雀院に寄せている。嵯峨天皇のあと皇后の彼女が居住したことを物語るものである。…

※「橘嘉智子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

橘嘉智子の関連キーワード檀林皇后檀林寺立后梅宮大社良子伊香色謎命春日娘子河俣毘売正子内親王(1)橘皇女

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone