コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悟真篇 ごしんへん Wù zhēn piān

1件 の用語解説(悟真篇の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ごしんへん【悟真篇 Wù zhēn piān】

中国の道教経典の一つ。北宋の紫陽真人張伯端(987‐1082)の撰。金丹道教の哲理を詩的表現を用いて述べたものである。古く,晋の葛洪(かつこう)の《抱朴子》では,丹砂,水銀を鍛錬して金丹を作り,それを服用すれば仙人になれるとする。これに対して,《悟真篇》では,人間には,本来,丹砂,水銀に替わるものが備わっている,それが竜虎真陰陽の気であって,これを鍛錬して体内に金丹を作れば仙人になれるとする内丹説を説く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

悟真篇の関連キーワード張伯供許慎孝経タントラ理趣経欧陽脩契経南華真人古注七人張り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone