コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金丹 キンタン

3件 の用語解説(金丹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きん‐たん【金丹】

昔、道教の道士が金石を砕いて練って作ったという不老不死の薬。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金丹
きんたん

中国道教で説く仙人になるための薬。晋(しん)の葛洪(かっこう)の『抱朴子(ほうぼくし)』金丹篇(へん)では、不老長生を得るには金丹を服用することがもっとも肝要であるとする。金丹の金は、火で焼いても土に埋めても不朽である点が重んじられ、丹の最高のものは九転の丹で、焼けば焼くほど霊妙に変化する点が重んじられた。この九転の丹を服用すると3日で仙人になれるとされる。この大薬である金丹をつくる際には、人里離れた名山で斎戒沐浴(さいかいもくよく)し、身辺を清潔にしなければならないとされ、丹砂(たんしゃ)、水銀などを原料にした多くの錬丹法が説かれた。後世では、この金丹を服用する外丹(がいたん)の方法のほかに、内丹説が説かれた。その代表的なものが北宋(ほくそう)の張伯端(ちょうはくたん)の『悟真(ごしん)篇』である。そこでは、人間には本来、丹砂、水銀に代わるものが体内に備わっている。それが竜虎真陰陽(りゅうこしんいんよう)の気であって、これを運用することにより、体内に金丹をつくりあげれば仙人になれると説かれている。この内丹説は南宋の白玉蟾(はくぎょくせん)などに継承された。[砂山 稔]
『吉岡義豊著『永生への願い 道教』(1970・淡交社) ▽窪徳忠著『道教史』(1977・山川出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の金丹の言及

【悟真篇】より

…北宋の紫陽真人張伯端(987‐1082)の撰。金丹道教の哲理を詩的表現を用いて述べたものである。古く,晋の葛洪(かつこう)の《抱朴子》では,丹砂,水銀を鍛錬して金丹を作り,それを服用すれば仙人になれるとする。…

【仙薬】より

…仙人になるための薬。中国,晋の葛洪の《抱朴子》では,その〈金丹篇〉において,不老長生を得るには金丹を服用することが最も肝要であるとする。金丹の金は火で焼いても土に埋めても不朽である点が重んじられ,丹の最高のものは九転の丹で,焼けば焼くほど,霊妙に変化する点が重んじられた。…

【丹】より

…中国,道教でいう不老長生を得るための薬。晋の葛洪の《抱朴子》では,不老長生を得るには,金丹を服薬することが最も肝要であるとする。金丹の金はその火で焼いても土に埋めても不朽である点が重んじられ,丹の最高のものは九転の丹で,焼けば焼くほど,霊妙に変化する点が重んじられ,この九転の丹を服用すると3日で仙人になれると説く。…

※「金丹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金丹の関連情報